カラフルな魚をご紹介

南の海にはイソギンチャクやサンゴなどカラフルな生き物がたくさんいるので、周りと色が浮いてしまわないように魚もカラフルになっていることが多いです。

マンダリンフィッシュ

スズキ目ネズッポ科のマンダリンフィッシュは、アクアリストたちからとても人気があります。和名ではニシキテグリと呼ばれ、錦手繰と漢字表記されます。鮮やかな体の模様が錦に例えられ、よく網に引っかかることから名づけられました。マンダリンフィッシュの鮮やかな青色は青色素胞が由来しており、他の青い生き物に由来するプリン結晶などとは異なります。穏やかな性格で胸鰭をユラユラさせながら優雅に泳ぐ様子はとても美しいです。人工餌を食べないため餌付けが難しいなど飼育上の難点はあるものの、水槽にマンダリンフィッシュとサンゴ礁を入れて育てる楽しみは大きいとされます。

マンダリンフィッシュ

バイカラードディーバック

バイカラードディーバックは、スズキ目メギス科に分類される魚です。特徴的なのが体の前半分が紫色で後ろ半分が黄色の2色に分かれているところで、まさにバイカラーとなっています。インドネシアのサンゴ礁などに生息し日本では見られないので和名は付いていませんが、英語圏ではロイヤリティバックと呼ばれることもあります。似た種類にロイヤルグランマというものもあり、バイカラードディーバックのように紫色と黄色で構成されています。鰭の色がはっきりしていたり、背鰭に黒い線を持っていたりするので見分けられます。習性は異なる両者ですが、心を躍らせるようなカラフルさはどちらも負けていません。

バイカラードディーバック

テングカワハギ

フグ目カワハギ科のテングカワハギは、口の先がとんがっているおちょぼ口で海水魚では珍しい見た目をしています。鮮やかな緑色で黄色の斑点を多く持ち、お腹の膜状部は黒色です。オスは尾鰭に白い斑点がたくさんあるので、その部分でオスとメスの区別を行います。臆病な性格で餌を食べるのが遅いなど、構ってあげたくなく可愛さを持つ魚です。体の色がパウダーブルーだからという由来を持つパウダーブルータンは、スズキ目ニザダイ科に分類されます。実際には青色だけでなく黄色や白など、たくさんの色が使われています。多くのアクアリストたちに選ばれているナンヨウハギと見た目の共通点が多いです。同じ水槽に入れれば華やかさは一層増しますが、パウダーブルータンは体が大きく広い水槽を求めるため他種混泳はおすすめされません。1匹入れるだけでも十分に彩りを与えるほどカラフルなので、中型魚に興味がある人は飼うと良いです。

テングカワハギ

カラフルな服をご紹介

仕事が忙しくて十分な睡眠時間を確保することが出来ず慢性的な疲労感が常につきまといいざという時に頑張ったり踏ん張ったりすることが出来ない、場所や季節や気候などの環境に左右される体質で天気が悪い日は気分も晴れずどんよりとした感じでやる気や元気が失われる、不規則な生活リズムや寝不足や運動不足で自律神経のバランスが乱れていて精神を安定的に良好に保てなくなる、ホルモンバランスが乱れるとイライラして怒りっぽくなったり気分が落ち込んで鬱っぽくなったりするなどメンタル不調が続き悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。

メンタリズムなファッション

メンタル不調が深刻化するとうつ病や統合失調症などの精神疾患に発展してしまう恐れがありますし、心だけではなく体も不健康になり日常生活においてあらゆる悪影響が及びます。メンタルクリニックやカウンセリングルームに相談したり、アロマテラピーやフラワーエッセンスやハーブティーやヒーリング音楽などに癒されたり、旅行やスポーツやアクティビティで気分転換を図ったりなどメンタル不調を改善させるための方法には様々なものがありますが、ファッションを楽しむというのもその一つです。身につけるものによってパワーがみなぎったり意識が変わったり前向きになれたりしますので、思い切ってイメージチェンジしてみてはいかがでしょう。

カラフルな服

人生をカラフルに

そこでおすすめなのが、カラフルな服です。黒やグレーなどの地味な色味のアイテムはベーシックでコーディネートしやすいというメリットがありますが、風水などのスピリチュアル的な視点からすると運気がダウンしたり気分が暗くなってしまったりなどのデメリットが伴いますので、心身ともに健康になれる緑や金運アップ効果が期待できる黄色やストレスを緩和させる青や勝負運がアップする赤など、明るい色味をふんだんに盛り込んだカラフルなコーディネートにするのがおすすめです。コーディネートに取り入れやすいおすすめのカラフルな服としては、ニットカーディガンやナイロンブルゾンやスウェットパーカーなどがあります。これらの服はポップな雰囲気のカジュアルファッションに溶け込む万能アイテムですので、いくつか持っているとかなり重宝します。いきなりカラフルなコーディネートをすることに抵抗を感じるという場合は、靴下やインナーやベルトやスカーフや帽子やバッグや靴やアクセサリーなどカラフルなアイテムを差し色としてポイント的に取り入れるという方法がおすすめです。