雨も色づくカラフルな傘をご紹介

コミュニケーションスキルや会話力の乏しさや性格が災いして職場で良い人間関係を築くことが出来ず仕事が上手くいかない、一生懸命に働いて無駄を削ぎ落した節約生活を送っているけど一向にお金が貯まらず老後の不安が大きくなる、早く恋人を作って幸せな結婚をしたいという願望があるけど出会いが無くて恋愛を始めるきかっけすらつかめない、頭痛や胃腸障害や腰痛や眩暈や不整脈や倦怠感や微熱や耳鳴りなど原因不明の体調不良が続いていて健康不安を抱いている、サプリを飲んだりエクササイズをしたり毎日欠かさずに体温を測ったりなどの妊活を頑張っているけど子宝に恵まれないなど、何となく不調や不運を感じているという方は多いのではないでしょうか。引っ越しをしたり部屋の模様替えをしたり神社に行って参拝をしたりパワースポット巡りをしたりパワーストーンを身につけたりなど、運気をアップさせるための方法には様々なものがありますが、カラフルな傘を持つということもそれにあたります。

雨の日の傘

雨の日を鮮やかに

雨の日は空模様と同様に気分が晴れず何となく憂鬱な気持ちになりがちですが、開運効果が期待できるカラフルな傘をさせば気持ちが明るくなり前向きになれます。傘は細長い形状をしていますが、風水的に細長いものは運を引き寄せるという意味があります。色にこだわればさらに運気上昇が見込めますので、自分が今抱えている問題や悩みや不調に応じて最適な色選びをしましょう。黒や灰色などの暗めの色は無難で取り入れやすいという利点がありますが、暗めの色のものを持つと運気は下降気味になってしまいますので、出来るだけ明るい色のカラフルなものを選ぶのがベストです。

空を覆う傘

心も色づく

恋愛運や結婚運をアップさせたい場合は華やかなピンク系を選ぶべきですし、金運を高めたいならゴールドやシルバーや黄色や明るめのベージュを選ぶのがおすすめです。仕事運アップ効果が期待できるのはビビッドな青や赤で、健康運をアップさせたい方に最適なのは緑です。子宝や人間関係に恵まれることを願っているならフレッシュなオレンジを選ぶのが良いですし、何となく不調を感じていて全体的に運気を上昇させたいという方はピンクやベージュの傘を持ちましょう。色だけではなく柄にもこだわると更なる運気上昇が狙えます。人間関係を良くしたいならチェックやボーダーやストライプが最適ですし、恋愛運を上げたいならアニマル柄や花柄がおすすめです。金運アップを狙うならドット柄やボタニカル柄を選びましょう。

大空を彩るカラフルな鳥をご紹介

花と同様、カラフルな色調が特徴の生き物に鳥がいます。ライオンのように敵が少ない種類ではないものの、これほど色彩に富んでいる理由の一つは、繁殖に必要だからといわれています。特に派手な色彩なのがオスで、メスの目を引き付けるために美しい羽根色を持っているようです。カラフルな鳥はたくさんいますが、その中でも特に色彩に富んでいるのが、オウム目インコ科に属しているものです。

コンゴインコ

特にコンゴウインコは、赤・青・黄色と原色がすべて織り込まれているのが特徴です。そして、目の周りやくちばしに白色が入っていて、他の色彩を際立たせています。名前はインコと表記されるものの、体長は80センチメートルから95センチメートルほどと比較的大きく、尾が長いので、生息するアマゾンの緑の森の中で非常に目立ちます。コンゴウインコと同様オウム目の仲間のスミレコンゴウインコは目の覚めるような青色が特徴で、目の周りとくちばしの横の口角の部分が黄色いので、対照的な色合いが目立ちます。体調も1メートルほどと大きく、翼を広げて飛ぶさまはとてもダイナミックです。

コンゴインコ

オオハシ

同じくアマゾンでカラフルな鳥として知られるのが、オオハシです。その中でもシロムネオオハシは、名前のごとく首から胸にかけて白色で、目の周りがアイシャドウを塗ったような水色、くちばしの付け根部分が黄色や水色で、胸には赤いラインが横切っています。また、頭から背中・尾っぽの先まで黒色ですが、おしりのあたりが黄色であることもポイントです。

オオハシ

カワセミ

私たちの身近にもカラフルな鳥が意外と多くいますが、特に川沿いなどで見かけることが多いのが、カワセミです。カワセミの羽は頭から背中にかけてが青色ですが、光の加減などにより水色や緑色に見えるので、小さいものの発見しやすく、カワセミが生息している場所では多くの愛好家がカメラを構えます。背中の色とは裏腹に頬とおなかはオレンジ色で「飛ぶ宝石」と表現されるのは納得がいきます。

カワセミ

インドクジャク

同じく日本に生息しているキジは日本の国鳥としても知られています。オスは緑や青色の羽を持ち、対照的に顔が赤いのが特徴です。キジの魅力は羽の美しさだけでなく、メスやひなを懸命に守ろうとする勇敢な行動にもあるようです。さらに、動物園でもよく見かけるのがクジャクです。特に美しい羽根を持つのがインドクジャクで、腰から伸びた飾り羽には目のような模様が並んでいて、メスに求愛するときに広げると、その大きさとカラフルな模様は圧巻です。

インドクジャク

カラフルな器をご紹介

イッタラ

カラフルな食器を1セット揃えたかったり、結婚祝いなどに食器をプレゼントしたいがどのブランドが良いのだろうかと迷っている人はいるでしょう。さまざまな食器がありますが、ポップで明るく感性を刺激するようなデザインのものもあります。例えば北欧の食器ブランドは人気があり、1枚持っていると食卓が華やぐようになります。イッタラは北法フィンランドの村にある、ガラス工房から誕生したブランドです。飽きのこないシンプルな見た目や、使い勝手のテーブルウェアが人気になっています。イッタラにはいろいろなシリーズがあり、アイノ・アアルトはイッタラの中で長い歴史を持つもので、どのようなテーブルにも馴染むでしょう。

イッタラ

カステへルミ

カステヘルミはフィンランド語で露の雫という意味があり、真珠みたいなガラスが輝きを添えています。ティーマは必要な装飾は色だけと語ったシリーズで、洗練されたデザインです。マリメッコなども人気があり、大胆なテキスタイルとして知られています。マリメッコにはいろいろなシリーズがあり、ウニッコはマリメッコの中で有名なシリーズで、鮮やかな色が特徴です。シイルトラプータルハはモノトーンでかわいい華やかなシイルトラプータルハになります。クルイェンポルヴィはゼラニウムの花が描かれていて、日本限定デザインです。

かすてへるみのお椀

有田焼の器

日本にもいろいろな伝統工芸品があり、中でも有田焼は有名で400年以上歴史があります。今尚多くの人に愛されていて、陶磁器に興味がなくても有田焼の名前を知っている人は多いでしょう。職人が一つひとつ製作してこだわりの逸品を手にすることができ、洋食器と組み合わせて使用できるモダンなデザインも増えています。中には海外の有名デザイナーなどと一緒にコラボした作品もあり、幅広い世代の人から支持されているブランドです。有田焼の器にはこのようにいくつか特徴があり、透き通るような美しい磁器として知られています。陶石を原材料にした磁器で、薄く軽くなめらかな肌触りが大きな魅力です。繊細かつ華やかな絵付けが施されていて、色彩豊かな絵付けが特徴になっています。細かな絵付けを手作業で丁寧に描いていて、製作工程は分業制になっています。成形や施釉、絵付や焼成など各分野において職人が力を合わせて、1つの作品を作り上げる流れです。成形の職人や絵付けの職人などと技術が鍛錬されることによって、繊細かつ品質の高い焼物が完成できる仕組みになります。近年伝統的な技術をいかしつつ、デザイナーと一緒に魅力的な有田焼を作る窯元も増えています。

カラフルなカップ

カラフルな魚をご紹介

南の海にはイソギンチャクやサンゴなどカラフルな生き物がたくさんいるので、周りと色が浮いてしまわないように魚もカラフルになっていることが多いです。

マンダリンフィッシュ

スズキ目ネズッポ科のマンダリンフィッシュは、アクアリストたちからとても人気があります。和名ではニシキテグリと呼ばれ、錦手繰と漢字表記されます。鮮やかな体の模様が錦に例えられ、よく網に引っかかることから名づけられました。マンダリンフィッシュの鮮やかな青色は青色素胞が由来しており、他の青い生き物に由来するプリン結晶などとは異なります。穏やかな性格で胸鰭をユラユラさせながら優雅に泳ぐ様子はとても美しいです。人工餌を食べないため餌付けが難しいなど飼育上の難点はあるものの、水槽にマンダリンフィッシュとサンゴ礁を入れて育てる楽しみは大きいとされます。

マンダリンフィッシュ

バイカラードディーバック

バイカラードディーバックは、スズキ目メギス科に分類される魚です。特徴的なのが体の前半分が紫色で後ろ半分が黄色の2色に分かれているところで、まさにバイカラーとなっています。インドネシアのサンゴ礁などに生息し日本では見られないので和名は付いていませんが、英語圏ではロイヤリティバックと呼ばれることもあります。似た種類にロイヤルグランマというものもあり、バイカラードディーバックのように紫色と黄色で構成されています。鰭の色がはっきりしていたり、背鰭に黒い線を持っていたりするので見分けられます。習性は異なる両者ですが、心を躍らせるようなカラフルさはどちらも負けていません。

バイカラードディーバック

テングカワハギ

フグ目カワハギ科のテングカワハギは、口の先がとんがっているおちょぼ口で海水魚では珍しい見た目をしています。鮮やかな緑色で黄色の斑点を多く持ち、お腹の膜状部は黒色です。オスは尾鰭に白い斑点がたくさんあるので、その部分でオスとメスの区別を行います。臆病な性格で餌を食べるのが遅いなど、構ってあげたくなく可愛さを持つ魚です。体の色がパウダーブルーだからという由来を持つパウダーブルータンは、スズキ目ニザダイ科に分類されます。実際には青色だけでなく黄色や白など、たくさんの色が使われています。多くのアクアリストたちに選ばれているナンヨウハギと見た目の共通点が多いです。同じ水槽に入れれば華やかさは一層増しますが、パウダーブルータンは体が大きく広い水槽を求めるため他種混泳はおすすめされません。1匹入れるだけでも十分に彩りを与えるほどカラフルなので、中型魚に興味がある人は飼うと良いです。

テングカワハギ

カラフルな服をご紹介

仕事が忙しくて十分な睡眠時間を確保することが出来ず慢性的な疲労感が常につきまといいざという時に頑張ったり踏ん張ったりすることが出来ない、場所や季節や気候などの環境に左右される体質で天気が悪い日は気分も晴れずどんよりとした感じでやる気や元気が失われる、不規則な生活リズムや寝不足や運動不足で自律神経のバランスが乱れていて精神を安定的に良好に保てなくなる、ホルモンバランスが乱れるとイライラして怒りっぽくなったり気分が落ち込んで鬱っぽくなったりするなどメンタル不調が続き悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。

メンタリズムなファッション

メンタル不調が深刻化するとうつ病や統合失調症などの精神疾患に発展してしまう恐れがありますし、心だけではなく体も不健康になり日常生活においてあらゆる悪影響が及びます。メンタルクリニックやカウンセリングルームに相談したり、アロマテラピーやフラワーエッセンスやハーブティーやヒーリング音楽などに癒されたり、旅行やスポーツやアクティビティで気分転換を図ったりなどメンタル不調を改善させるための方法には様々なものがありますが、ファッションを楽しむというのもその一つです。身につけるものによってパワーがみなぎったり意識が変わったり前向きになれたりしますので、思い切ってイメージチェンジしてみてはいかがでしょう。

カラフルな服

人生をカラフルに

そこでおすすめなのが、カラフルな服です。黒やグレーなどの地味な色味のアイテムはベーシックでコーディネートしやすいというメリットがありますが、風水などのスピリチュアル的な視点からすると運気がダウンしたり気分が暗くなってしまったりなどのデメリットが伴いますので、心身ともに健康になれる緑や金運アップ効果が期待できる黄色やストレスを緩和させる青や勝負運がアップする赤など、明るい色味をふんだんに盛り込んだカラフルなコーディネートにするのがおすすめです。コーディネートに取り入れやすいおすすめのカラフルな服としては、ニットカーディガンやナイロンブルゾンやスウェットパーカーなどがあります。これらの服はポップな雰囲気のカジュアルファッションに溶け込む万能アイテムですので、いくつか持っているとかなり重宝します。いきなりカラフルなコーディネートをすることに抵抗を感じるという場合は、靴下やインナーやベルトやスカーフや帽子やバッグや靴やアクセサリーなどカラフルなアイテムを差し色としてポイント的に取り入れるという方法がおすすめです。